ブログ

食事制限のあとにくるリバウンドの恐怖

ダイエットを仮に成功したとしてもその体重を維持することは痩せるより難しいかもしれません。

特に食事制限をメインにしたダイエットをおこなった人は、その状況が顕著に表れます。

ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。

日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。

そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

食事制限とリバウンドには密接な関係があります。

運動嫌いな人や簡単に痩せたいと思う人は、食事制限をメインにしたダイエットにをおこないがちです。

体重を減らすことを目的に、食事制限を行ったことがあるという人は大勢いるといいます。

とはいえ、食事制限によってダイエットがうまくいったという人は少ないといいます。

確かに、食事制限をすれば短期的には体重を減らすことが出来ます。

でも、そのあとにリバウンドが起きたために太ってしまったというケースが非常に多いのです。

ダイエットで体重を落とすことができたものの、結局は以前の体重に戻ってしまう減少のことを、リバウンドといいます。

食事制限で体に負担をかけることが、リバウンドしやすい体を作ってしまう可能性が高いと言われています。

一時的に体重を減らすことはできたけれど、結局はすぐに元の体重に戻ってしまうのでは、ダイエットは失敗に終わることになります。

さらに、食事制限に伴うリバウンドは、ダイエット前以上に体重が増える傾向があるといわれています。

食事制限を中心にダイエットをするとリバウンドをしてしまうのは、実は人間の体に備わっている本来の仕組みや機能と大きく関係しています。

リバウンドが起きるのは、人間の体の仕組みを理解せずに不用意な食事制限でダイエットをすることが原因です。

効率的にダイエットをおこなうためには、人体の仕組みを理解し、どうしてリバウンドが起きるのかを十分理解することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る