ブログ

精進料理のお麩や高野豆腐でタンパク源を身近な存在に

お麩や高野豆腐は、お寺で修行する僧侶の大切なタンパク源として、昔から精進料理などに使われてきました。
小麦や大豆を原料とした良質な植物性タンパク質が豊富で、低力ロリーなのて、ダイエット食品としてもとてもすぐれています。
お麩は小麦に含まれる植物性タンパク質(グルテン)か原料てす。
水で戻したものをみそ汁やお吸い物の具にして使うのが一般的てすが、卵料理や挽肉料理に混ぜ込めば、料理のカサを滅らさずに、力ロリーを抑えることができます。
豆腐を凍らせて乾燥させた高野豆腐は、大豆の持つ良質なアミノ酸がたっぷり含まれています。
野菜と一緒に煮ると、うま味や栄養分を吸い込んで膨れるのて、満腹感も増し、栄養パラスもよくなります。
乾いたままの高野豆腐を砕いて使えば、ダイエット効果が期待てきるバン生地やクッキーも手軽につくれます。

お麩や高野豆腐の戻し方

1.水につける
2.水を吸いやわらかくなったら水気をしぼる(落とし蓋をするとお麩や高野豆腐があがってきません)

お麸とひじき入り卵焼き

【材料】

卵・・・1個
お麩・・・4~5個
ひじき・・・大さじ1
塩・・・少々
砂糖・・・小さじ1/2
サラダ油・・・小さじ1

【作り方】

1.卵を割りほぐし味つけした中に、戻して水気を切ったお麩を適当にちぎりながら入れ、戻して水気を切ったひじきを加えてさっくりと混ぜる。
2.サラダ油を熱したフライパンで厚焼き卵をつくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る